循環器科

循環器科について

循環器とは心臓、血管、リンパ管などのことです。これらの器官は、栄養や酸素などを身体全体に循環させる大切な役割を担っています。
特に心臓は、肺から酸素を取り入れた血液を全身に送り届ける役目を果たしています。そのため、心臓にトラブルが生じると、全身に十分な血液が行き届かなくなり、重篤な疾患の原因になるのです。
「散歩をしていて疲れやすくなった」「咳がなかなか止まらない」「呼吸が荒い」など循環器科疾患は呼吸器疾患と症状が似ている傾向にあります。
そこで当院では、胸部X線検査、血圧測定、心電図検査、超音波検査などを組み合わせて、心臓の状態を正確に把握していくことを心がけています。

このような症状があればご相談ください

  • 最近なんだか元気がない
  • 失神するようになった
  • 舌が紫色のことがある
  • 散歩に行きたがらなくなった
  • おなかが膨れている
  • 散歩中にハアハアして疲れやすくなった
  • 安静にしていても呼吸数が多い
  • 咳をするようになった(とくに夜中や明け方、運動時や興奮しているとき)

獣医循環器認定医が
診療にあたります

「滋賀どうぶつ循環器センター」を立ち上げ、滋賀県内および近隣府県からお越しの患者様に対応しております。「獣医循環器認定医」をはじめとする循環器に精通した獣医のもと、トレーニングされたスタッフと共に心臓疾患に対する内科・外科治療を実施しています。
最新の設備を整え、二次診療も積極的に受け入れており、動脈管開存症の手術等、心血管系手術やカテーテル治療にも対応しております。
患者様・飼い主様・主治医様へ配慮した丁寧なインフォームドコンセントを行い、最良の治療をご提案できるよう心掛けております。

循環器認定医について

対応している
循環器科疾患の一例

  • 僧帽弁閉鎖不全症

  • 肥大型心筋症

  • 動脈管開存症

  • 肺高血圧症

  • 肺動脈弁狭窄症

  • 心房中隔欠損症

  • 房室ブロック

  • 心房細動

  • その他不整脈

  • カテーテル治療

  • 心臓腫瘍

  • 心室中隔欠損症 など

動物の高齢化に伴い、人間と同様に心臓病が増えています

ワンちゃんやネコちゃんの「3大死因」はガン、腎臓病、心臓病です。特に心臓病は、重症化するまではなかなか症状が表に出てきません。
そのため飼い主様がトラブルに気づいた時には、症状が進行しているケースも数多くあるのです。
しかも心臓は一度悪くなってしまうと元には戻りません。
ぜひ当院で定期的な検査をして、早期発見・早期治療できる可能性を高めましょう。

ご予約はこちら

ご予約の際は
当日WEB予約よりお願いいたします。

当日WEB予約

WEB予約受付時間
9:00~11:30
16:00~19:00