眼科

眼科について

副院長は獣医眼科専門病院で研修を行い、日々の眼科診療のスキルアップを行っています。内科・外科治療により、視覚の維持や生活の質の改善を目指しています。
飼い主様が気づきやすい角膜の傷や白内障の他、ブドウ膜炎や緑内障といった病気の治療にあたります。なお慢性緑内障では、シリコンインプラント挿入(義眼)、レーザー治療、眼球摘出手術、薬剤注入処置といった外科治療を行い、内科治療の負担軽減を目指すこともご提案いたします。
セカンドオピニオンをはじめ、地域の先生方からのご紹介もいただきますが、必要に応じて、各種専門病院への連携を行うことも可能です。異常を感じた場合は、お早めにご来院ください。

このような症状があればご相談ください

  • 目が赤い
  • 涙・目やにが多い
  • 目をしょぼしょぼしている
  • 目が白くなってきた
  • 物にぶつかる
  • 目にできものがある

対応している眼科疾患の一例

  • 結膜炎

  • ドライアイ

  • 角膜びらん・潰瘍

  • ブドウ膜炎

  • 白内障

  • 緑内障

  • チェリーアイ

  • 睫毛異常

  • 眼瞼腫瘤 など

眼科で行う検査

  • スリットランプ検査

    スリットランプを用いて、前眼部(角膜~水晶体)の検査や、スリット光による角膜~硝子体の検査を行います。

  • 眼圧測定

    眼圧の状態を測定することで、緑内障やぶどう膜炎の確認を行ないます。

  • 眼底検査

    網膜剥離や進行性網膜変性などの網膜の病気を確認します。

  • フルオレセイン染色

    眼を染色することにより角膜潰瘍の検査を行います。 角膜・結膜を染色し、角膜びらんや角膜潰瘍の他、ドライアイ・鼻涙管の開通・角膜穿孔などをチェックします。

  • シルマー検査

    涙の量をチェックし、ドライアイの確認を行ないます。

  • 細胞診

    異常な細胞や細菌などをチェックします。

  • 眼科超音波検査

    角膜や水晶体が濁っているときなどに眼内のチェックをします。眼窩の腫瘍なども確認します。

ご予約はこちら

ご予約の際は
当日WEB予約よりお願いいたします。

当日WEB予約

WEB予約受付時間
9:00~11:30
16:00~19:00